Laravel JP Conference 2020 デザインスポンサー
Laravel JP Conference 実行委員会 様

Laravel JP Conference 2020 デザインスポンサー

イベントの魅力を発信し、活用を促すビジュアル・アプリを制作
ビッグローブ株式会社様

Laravel JP Conference 2020のデザインスポンサーとして、イベントロゴ・キービジュアルおよび公式アプリを制作しました。PHPのフレームワークであるLaravelのユーザーコミュニティを日本でも活性化するべく、デザイン、エンジニアリングの両面からイベントを支援したものです。
Laravel JP Conference 2020 公式サイトはこちら
iOS版アプリ
Android版アプリ

ネオンサイン調のロゴ
ネオンサイン調のロゴ
キービジュアル
キービジュアル
公式アプリ(タイムテーブル画面)
公式アプリ(タイムテーブル画面)
クライアント
Laravel JP Conference 実行委員会 様
テクノロジー
Vue.js、Cordova / Monacaによるハイブリッドアプリ、Onsen UI、AWS SAMによるサーバレスAPI構築(DynamoDB / Lambda等)
デバイス
iPhone、Android

    プロジェクトについて

    Laravel JP Conferenceとは

    Laravelは、2011年6月に初版が公開されたPHPによるオープンソースなWebアプリケーションフレームワークです。PHPのフレームワークの中でも最多のGitHub スターを獲得するなど世界中で広く活用されており、日本でも大きな注目を集めています。 Laravel JP Conference はこのLaravelをメインテーマとした技術カンファレンスであり、「Laravel」を冠したイベントとしては日本最大級のものです。トークセッションや懇親会が行われ、参加者の交流と意見交換の場となっています。

    ロゴ、キービジュアルの制作

    Laravel JP Conference 2020のデザインイメージとして、実行委員会からいただいた要望は「オリンピックイヤーを意識したTOKYO感」「クールなテイストをネオンや夜景で表現したい」。これらを踏まえてヒアリングを重ね、ロゴとキービジュアルの制作を進めました。 ロゴは、要望に沿ってネオンサイン調に。ユーザーが一目でLaravelのイベントだと分かるよう、開催時点での最新バージョンであるLaravel 6のロゴ同様に直方体を組み合わせたデザインを採用。カンファレンスの名称を略した「LJPC」の4文字を配置しました。 キービジュアルの背景には東京名所の夜景を図案化し、東京開催のカンファレンスをアピールするとともに、実行委員会からの要望である「クールさ」を演出しました。

    カンファレンスの活用とつながりを促進するアプリ開発

    Laravel JP Conference 2020 を参加者が最大限に活用し、交流を深められるよう、公式アプリには以下の機能を搭載しました。 ・タイムテーブルの確認機能 ・トークセッションをお気に入り登録し、開始前にPUSH通知を受け取れる機能 ・気になるトークセッションを「いいね!」してスピーカーを応援できる機能 ・Twitterと連携し、すぐにハッシュタグをつけてツイートできる機能

    目的・背景

    Laravelの特徴に活発なユーザーコミュニティがあり、海外では毎年大規模なユーザーカンファレンスが開催されています。日本でもユーザーの交流や意見交換を促進し、Laravelのコミュニティ活動を活性化させるべく、2019年にLaravel JP Conferenceが始まりました。 ユーザーの参加意識を醸成し、カンファレンスを最大限に活用してもらうためのビジュアルイメージとアプリ開発が求められていました。 一方、アシアルは、「エンジニアリングでインターネットの成長を牽引する」を事業コンセプトに国内PHP市場の黎明期である2002年に創業して以来、PHPでの開発実績を重ねてきました。重要なPHPフレームワークであるLaravelの利用者コミュニティに貢献するため、デザインスポンサーという立場でカンファレンスを支援しました。 ※Laravel JP Conference 2020は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受け、残念ながら開催中止となりました。

    採用情報

    一人一人が仕事に責任を持ち、成果をアウトプットすることが、私たちの価値観です。
    エンジニア主体のチームに興味がある方は、ぜひアシアルにお越しください。一緒に大きな仕事を作っていける仲間を、心待ちにしています。

    お問い合わせ

    製品やソリューション、システムコンサルティング等に関するお問い合わせはこちらから。